クレジットカードで破産しないための教科書

以前カードで失敗したので二度と失敗しない方法を実行しています。

 

まずは固定費の支払いを中心にする

まずは生活費をクレジットカード払いに切り替えることからスタートです。

いきなりクレジットカード持つと好きなものが買えると錯覚してしまいがちですが、未来の報酬を今使っているに過ぎません。

つまり、いっぱいお金使うためには収入を増やさないと無理という結論です。

 

カード使ったときは支払いが先延ばしになるので一時的にお金が増えるように思いがちですがそんなことはありません。

必ず支払いはやってきます。なのでクレジットカード用の引き落とし口座を用意し、固定費はそこに入れておきましょう。

この段階では流動的な支払いまでカードで支払うのは止めておくようにしましょう。

必要のないものまで買ってしまいがちです。

まずはクレジットカードの支払いと使い方の基礎を掴みましょう。

 

よく買う店で使えるクレジットカードと電子マネーを把握する

イオンであればイオンカードやJALカードなどが有利です。

特にJALカードはWAONにチャージしてWAON払いにするとダブルでマイルがとれます。

マイルはわりといろいろなものに使えますし、もちろん飛行機代にも充てられます。

ただ、JALカードからWAONにチャージできないブランドもあるので注意しましょう。

 

これはイオンの話ですが同じイオン系列でもマルエツはTポイントになります。

使い勝手悪いので統一して欲しいものです。

 

それとありがちなのがカード発行してからブランド使えないってこともよくあります。

一枚目は無難にVISAがいいです。

 

ネットでもたまにVISAとマスターしかダメってところもあります。

プリペイドカードのような仮想クレジットカード的なものに事前にチャージして使うタイプも1番多いのがVISAとマスター、つぎにJCB。

管理人が調べた範囲ではアメックスは使えるのは聞いたことありません。逆にあったら教えて欲しいくらいです。

 

最近はカードと電子マネーの組合せが結構複雑になってきています。

最適なカードを選ぶのにちょっと時間かかるので焦ってカードを申し込まないようにしましょう。

これを考えるのが1番楽しい時間でもあるんですけどね。

 

年会費発生するものは元が取れるか

高額年会費のアメックスなんかは憧れてる人も多いのでとりがちですが、実は年会費が結構かかります。

ステータスカードと呼ばれる特典が主なサービスのものはお金に余裕がある人が持つものと思っていいです。

年会費かかるものは還元率に注目し、いくら使ったら元が取れるかを計算しましょう。

ビックカメラsuicaなどは一度でもカード払いにすると年会費無料になるのでsuica使えるところは積極的に使ってもいいかもしれません。

 

リボ払いには絶対しない

リボ払いは利率がメチャクチャ高いです。

クレジットカード会社は手数料と年会費とリボの利率で儲かっています。

リボ払いするくらいなら買わないくらいにしましょう。

たった◯◯円とか利子を計算する人もいますが、その◯◯円を投資に回すと将来もっと高額になって返ってきます。

 

積立貯金をしておく

突発的な出費でカード会社から借金して破滅するパターンがほとんどです。

積立貯金を少しでもしておきましょう。

一部のネット銀行は毎月引き落として積立してくれるので使い勝手がいいです。

積立貯金と積立投資を少額でもいいので両方実行するようにしましょう。

 

突発的な出費に備えられければまた同じことになります。

 

安易に借金すると10年無駄にします。

20代ならまだしも30から10年だと結構立ち直れません。

40から10年だとクレジットヒストリーが真っ白な上に高齢者という、カード会社が警戒する領域です。

MEMO
積立貯金ができるネット銀行でオススメはソニー銀行

ソニー銀行は積立機能がものすごく充実しています。

しかもVISAブランドのデビットカードが無料で発行できるので借金返済途中の人にもピッタリです。

このソニー銀行のデビットカードも実はかなりの優れものでハードル高いですが最大2%キャッシュバックになります。

2%台を実現してるクレジットカードは今はないのでその点でもかなり優れています。

楽天もデビットカードはありますがVISAデビットカードは有料です。

 

借金の返済途中の人もこの積立貯金と積立投資の2つはやっておいてください。

個人的オススメするのは積立投資はロボアドバイザーで月々1万円の積立投資です。

マネックスのMSVというやつなら手数料も安い上に天下のバンガードが運用しているので初心者にオススメです。

かなり手堅いので増えるのもゆっくりですがあまり減ることもないので長期的に見ておくといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です