JICCとCICは喪明けのクレカ申請前に絶対確認

借金の返済を決めた人、返し終わって喪中や喪明けの人は絶対にJICCとCICの自分の情報を開示してください。

クレジットカード申請する人は特にやってください。

これに情報残ってるようなら申請するだけ無駄なので。

CICの情報取得の仕方

1.必要書類を印刷して記入

こちらを印刷して書き込みます。

2.本人確認書類の用意

私は免許と保険証を送りました。

下記の1.~11.の本人確認書類より、いずれか2点を添付してください。 本人確認書類は、有効期限内のもの、現在有効なものに限ります。
なお、コピーが必要な本人確認書類は、氏名・生年月日・住所・有効期限の記載のある面(住所記載が別の場合はその面)を鮮明にコピーのうえ、添付してください。

運転免許証または運転経歴証明書(コピー)
マイナンバーカード[個人番号カード](写真付おもて面のみコピー)
パスポート(コピー)
各種健康保険証(コピー)
写真付住民基本台帳カード(コピー)
各種年金手帳(コピー)
各種障がい者手帳(コピー)
在留カードまたは特別永住者証明書(コピー)
住民票(本籍地・個人番号の記載がない、作成日より3ヶ月以内の原本)
戸籍謄本または戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)

本人確認書類の注意事項
本人確認書類のうち1点は、必ず申込書にご記入された現住所が記載されているものを添付してください。
運転免許証の住所が変更されている場合は、うら面もコピーのうえ同封してください。
旧姓などの開示をご希望の方は、旧姓などが確認できる本人確認書類(戸籍謄本等)を必ず添付してください。
本人確認書類に本籍地、個人番号、基礎年金番号が記載されている場合は、お手数ですが塗りつぶしてお送りください。 ※
個人番号に関する「通知カード」は本人確認書類としてご利用できません。

個人番号が記載された書類のコピーをお送りいただいた場合は、ただちに復元できないようにマスキングし、裁断廃棄をいたします。

お送りいただいた書類は返却いたしませんので、ご了承ください。

3.定額小為替証書の購入

郵便局で定額小為替(ていがくこがわせ)を1000円分をくださいと言って購入します。

残念ながらスマホでもパソコンからでもVISAデビットは使えないので郵便局で1000円分の定額小為替証書を買って同封します。JICCでも使うので2つ買っておくと便利です。

4.送付

上記1から3を下記住所に送ります。

送付先〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛

あとは待ってれば到着します。

CICの見方

CICでは$マークが通常通り払われたということになります。

ブラックや逃げ回ってた人はほとんどがAか空欄になってると思います。

 

この履歴が綺麗な人が属に言うスーパーホワイトと言われる人達です。

スーパーホワイトで高齢者の人はクレジットカード会社が今までカード持っていなかったのかそれとも諸事情で綺麗になっているのかが見分けがつきません。

なので最初はクレジットヒストリー、通称クレヒスを積むことが重要になってきます。

クレヒスがないとクレジットカードの取得が難しいのです。

 

ちなみにAの状態や異動等の文字があればまだクレジットカードは通りません。

こいつヤバいやつだって書いてるようなものですから。

JICCの情報取得の仕方

ほとんどCICと一緒です。

1.下記からフォーマットを記入し印刷

 

こちらを印刷して書き込みます。

2.本人確認書類の用意

CICと同様です。

3.定額小為替証書の購入

これも1000円分の定額小為替を買います。

4.送付

送付先は以下になります。

 〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階
株式会社日本信用情報機構 開示窓口宛

これで必要な情報が入手できます。

JICCも綺麗になっていることを確認してからクレジットカード申請しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です